神炊館神社などでしめ納め

神炊館神社境内でおこなわれたしめ納め

 須賀川・岩瀬地方の各神社は7日、正月松の内を締めくくるしめ納め(どんど焼き)を行った。あいにくの雨模様だったが正月飾りを手に多くの参拝者が足を運び、1年の平穏と健康を願った。
 しめ納めはその年の正月飾りを炎にくべる伝統行事で、この火で体を温めるとその年は風邪をひかないなどの云われがある。
 須賀川地方の総鎮守・神炊館神社(須田秀幸宮司)には、前日から多くの市民が境内に松飾りやしめ縄などを持ち寄り、大きな山が出来上がっていた。
 午後5時頃から神職や氏子衆らが正月飾りを分別しながら次々と炎に入れ、参拝者らも静かに揺れる炎に手を合わせて1年の無事を願った。
 みぞれ交じりの冷たい雨が降り続く中、初もうでやお札を購入する参拝者らの姿も見られた。