須賀川吹奏楽団クリスマスコンサート

合同で迫力のステージを繰り広げる吹奏楽団と須賀川二中

 須賀川吹奏楽団(菅野太志団長)の「クリスマスコンサートwith須賀川二中吹奏楽部」は22日、須賀川二小体育館で開かれ、迫力の演奏でにぎやかなクリスマスシーズンを演出した。
 同校との合同開催は昨年に続き2回目となる。
 3部構成で、1部は須賀川二中がアンサンブルや「アンパンマンマーチ」「川の流れのように」などを披露した。
 2部は須賀川吹奏楽団が子どもも楽しめるアニメやウルトラマンのメドレーを奏でたほか、会場から希望者を募りパッヘルベルの「カノン」をハンドベルとともに演奏し、盛り上げた。
 3部では須賀川二中と吹奏楽団の競演で、「赤鼻のトナカイ」「ふるさと」では会場も歌声を合わせた。
 最後に会場となった須賀川二小合奏部も登場し、嵐の「GUTS!」で2校1団体の心を合わせたハーモニーを奏でた。
 会場では台風19号被災地支援のため義援金を募り、多くの人が協力した。
 なお同団は現在約30人が公民館などで毎週水・土曜日に練習を重ねており、団員を随時募集している。
 問い合わせは同団ホームページ(http://sswo.jp/)まで。