円谷英二ミュージアムで初のナイトガイド

精緻なジオラマ再現に興味津々の参加者

 須賀川市民交流センターtette5階の円谷英二ミュージアム初のナイトガイドツアーは22日、親子ら3組7人が参加して、円谷監督が創り上げた特撮の魅力と精密なジオラマ表現、カメラを通して本領発揮するセットの工夫など大喜びしていた。
 まもなく開館1周年を迎える円谷英二ミュージアムの魅力再発信を目的に、参加者らは手に電気ランタンを持って、薄暗い館内を職員の案内を受けながら探索した。
 須賀川に生まれた円谷監督の少年時代、夢を抱いて進んだ飛行機学校、おもちゃ会社就職、映画の世界へ、ゴジラやウルトラマンなどを生み出し“世界の円谷”へなるまでを丁寧に説明された。
 昨年8月にtette前や須賀川駅前などで撮影した特別映像「ゴジラ 須賀川に現わる」を、メイキングを含めて大型スクリーンで観賞し、その迫力と特撮技術に子どもたちも関心を寄せていた。
 「ゴジラ 須賀川に現わる」などの撮影風景を再現した巨大ジオラマでは、市役所やtetteなど精密に作られた技術はもちろんだが、その場でビデオ撮影すると驚きと関心が最高潮に達した。
 ジオラマと雲や空の風景画はテレビ画面を通して見ると本物そっくりにリアル感が増したため、参加者からは「すごいすごい」の声とともに、子どもたちは怪獣のようにマチを襲うポーズでカメラに映り大喜びしていた。
 全高2㍍を超える初代を模したゴジラのアクタースーツの細かな技術に大人たちも感心しきりだった。
 なお同日はtette内の図書館など各施設を巡るミステリーツアーも開かれ好評を集めていた。