来年4月に須賀川市機構改革

 須賀川市は来年4月に機構改革を行う。平成22年以来10年ぶりで、既存の企画財政部を企画政策部と財務部に分けるほか、総務部や文化交流部、市民福祉部など複数の課を1つにした新しい部を創出する。
 東日本大震災から間もなく9年となり、復旧・復興ベースから通常ベースへと財政の引き締めを図るとともに、課・係活動の効率化と活性化を図るため行う。
 なお、各部内の所属課・係の配置などについては来年1月中旬以降に正式発表される。
 各部の主な事務役割は次の通り。
◇企画政策部▽市総合計画▽行政評価、行財政改革その他行政経営の効率化▽地域コミュニティ、市民協働及び男女共同参画▽統計▽秘書▽広報・広聴
◇総務部▽議会▽文書・法規▽公有財産▽情報化▽職員の人事、給与及び行政組織▽生活交通、消費者行政及び市民相談▽消防、防災、防犯及び交通安全▽ほかの部の所管に属さないもの
◇財務部▽財政▽契約▽市税▽税外収入の収納
◇文化交流部▽生涯学習及びスポーツ▽文化▽観光及び交流
◇市民交流センター▽生涯学習の企画及び運営▽市民交流推進
◇市民福祉部▽地域福祉、障がい者福祉及び生活保護▽国民健康保管▽国民年金▽後期高齢者医療制度▽保険及び地域医療▽戸籍及び住民基本台帳
◇経済環境部▽農業、林業、畜産業及び水産業▽商業、工業、企業誘致及び労政▽環境保全及び環境衛生
◇建設部▽道路及び河川等▽建築及び住宅▽都市計画及び都市整備
◇上下水道部▽浄化槽