円谷選手の盟友・君原さんが聖火リレーランナー

メモリアルマラソンで走る君原さん

 須賀川市を来年3月28日に通過する聖火リレーのランナーのうち、須賀川ゆかりのランナーとして円谷幸吉選手の盟友で昭和43年メキシコオリンピックマラソン銀メダリストの君原健二さん(78)が内定した。
 君原さんは毎年円谷幸吉メモリアルマラソン大会に特別招待選手として出場し、訪問の際は十念寺の円谷選手の墓を参り、互いに好きだったビールをお墓にかけ、近況報告などをし続けている。
 昨年の同大会で訪れた際、君原さんは「墓にビールをかけると、札幌市で行われた記録会でともに日本記録を更新した際に祝杯を挙げた喜びを思い出す。メモリアルマラソン大会では、円谷選手が生きていたらどういう走りをするか、と思いながら走ることも多い」と話していた。
 聖火リレーは3月26日にJヴィレッジを出発し、須賀川市には3日目の28日、白河市から入り、県道須賀川二本松線栄町交差点から通称松明通りを南下し、tette前を通過、大町よってけ広場内の円谷幸吉記念碑前で折り返し、市役所にゴールする約2・6㌔のコースが決まっている。