26日に天栄村模擬議会

 天栄村内の子どもたちが議会の一般質問を体験する模擬議会は26日午前9時半から村議会議場で開かれ、今年は小中学生10人が登壇し村政を質す。
 議会や政治の仕組みについて体験を通じてより深く学んでもらうためのもので、昨年に続き2回目。中学2年6人と今年は小学6年4人が質問に臨む。
 議長は廣瀬和吉村議会議長が務め、各課長らが子どもたちの質問に応える。
 一般質問者、質問事項は次の通り(質問順)。
▽森優希さん(天栄中)=村施設でのボランティア活動、吹奏楽部の楽器購入▽添田明悦さん(同)=温泉施設の建設、スポーツ施設の充実▽佐藤未空さん(広戸小)=商業施設の誘致、買い物等の不便な状況▽小針杏奈さん(大里小)=大里地区の街灯設置計画、道の駅季の里前の横断歩道設置▽廣瀬文佳さん(牧本小)=村民や児童生徒に対する読書活動推進、文化の森てんえい図書館の蔵書選定と蔵書数▽田代博美さん(湯本小)=若者世代の村外流出を防ぐ「働き場所」の確保、人口減少対策に対する具体的計画および方策▽星雪音さん(湯本中)=台風および大雨被害に対する村の防災対策、避難所開設の判断基準と住民に対する適確な避難所誘導▽松川佳太さん(天栄中)=村のイベント開催、鳳坂トンネル開通後における産業振興の計画▽神尾朋哉さん(同)=村の福祉施設、今後の福祉施設や介護サービス▽室井朱梨さん(湯本中)=通信可能範囲の拡大、村のインターネット通信環境の推進状況