来年2月に高校生対象の企業説明会

高校生対象の企業説明会について意見交換

 須賀川市と須賀川商工会議所は2021年3月高校卒業予定者(現在2年生)を対象とした地元企業説明会を来春開く。関係者による第1回運営委員会が10日、商工会館で開かれ、本格的に意見を交換した。来年2月の開催に向けて関係機関と調整を進めている。
 須賀川地域企業の雇用状況は、労働力需給のミスマッチや一部企業への集中、 人口減少などにより厳しい状況が続いていることから、市、会議所、管内企業と高校が連携して、就職を希望する生徒により多くの地元企業を知ってもらうための説明会を企画している。
 ハローワーク須賀川管内の須賀川・岩瀬・石川地方の企業に参加を呼びかけ、2021年3月卒業予定の高校生(須賀川、須賀川桐陽、清陵情報、長沼、岩瀬農業、石川、郡山商業、郡山北工業など予定)を対象とする。
 「高校卒業予定者を対象とした地元企業説明会」は来年2月の開催を目指して準備を進めており、午前と午後の2回に生徒を割り振る予定で、参加学校と会場とは送迎バスの運行も計画している。
 会場内に企業ごとのブースを設けて、参加生徒たちに業務内容や福利厚生制度などの情報提供を行う。今月末から須賀川商工会議所企業課で参加申し込み受け付けを開始する。
 第1回運営委員会で委員長の飛木孝久商工会議所専務理事が「今回初めての事業となりますがご理解とご協力をお願いします」と企業・高校関係者に呼びかけた。
 議事は開催要項、送迎バス運行、参加企業募集チラシなどについて意見交換した。第2回運営委員会は来年1月を予定している。