7日に世界一の天栄米の試食販売

 米・食味分析鑑定コンクール国際大会で10回目の金賞を受賞した天栄米の試食販売イベントは7日午前10時から道の駅「季の里天栄」で開かれる。
 金賞に輝いた「天栄米ゆうだい21」はコシヒカリより粒が大きく甘味があり、もちもちとした食感で粘りが強く、冷めても美味しさが保たれる特徴を持つ。
 イベントでは「天栄米ゆうだい21」のほか、漢方土壌改良剤を使った土作りと除草対策として紙マルチ田植え機を使用し有機栽培した「漢方環境農法天栄米」や栽培期間中の除草剤の使用を1回のみに限り、高食味値の米を厳選した「ゴールドプレミアムライス天栄米」などの新米を生産者自ら販売する。
 またパッケージは女性や若者も親しみやすいよう稲穂と鳥、二岐山のシルエットを用いた現代的な新デザインに統一し、カラーバリエーションを揃えた。
 天栄米の試食販売のほか、村内の特産品なども販売する。
 問い合わせは同店(℡81―1455)まで。