須賀川市老ク連高齢者カラオケ大会

元気な歌声を披露する出演者

 須賀川市老人クラブ連合会(大野篤会長)の第15回高齢者カラオケ大会は4日、全56組が出演して市民温泉大ホールで開かれた。
 大会を通して会員の相互交流と健康保持増進を目的に毎年実施している。
 大野会長のあいさつに続いて、全員で発声練習を兼ねて「北国の春」を歌い、腹から声を出してステージと応援の気持ちを高めた。
 佐久間康信さん(狸森南長寿会)と石井良吉さん(大栗松ケ丘長寿会)が司会進行を務め、思い思いの衣装や振り付けでにぎやかなステージ発表を披露した。
 参加者には出演者賞と応援者賞を贈り、全員で楽しい一日を過ごしていた。