1月からスポーツ振興協会の自主事業再開

 須賀川市スポーツ振興協会の自主事業は台風19号で事務所のある須賀川アリーナが床上浸水の被害を受けたため中止を余儀なくされてきたが、来年1月の運動教室「アリーナ60分」から活動を徐々に再開する。
 1月の同プログラムは2回実施し、1回目は15日午後7時半から矢吹千春さんを講師にエアロビクスを行う。2回目は28日午後7時半から大河原里美さんを講師にコアトレーニングで汗を流す。
 いずれも申し込みは12月10日から受け付ける。
 また場所は浸水被害のなかったサブアリーナを予定しているが、復旧状況により中央体育館に変更する。
 対象は市内在住・在勤の15歳以上(中学生を除く)。
 体育館シューズと、ヨガマットもしくは大きめのバスタオルの持参が必要。
 問い合わせは同協会(℡76―8111)まで、午前8時半から午後5時まで受け付ける。