プレミアム付商品券販売金額は約7500万円

 須賀川市プレミアム付商品券の販売金額は18日現在、約7500万円で換金率は27・6%に留まっていることが関係者への取材で分かった。市内ショッピングセンターや飲食店、コンビニなど400店以上で利用できることから、期限内の利用を呼びかけている。
 消費増税に伴う消費者の負担軽減と市内消費喚起などを目的に、31年度市・県民税非課税世帯と今年9月末までに産まれた子どもがいる約1万4000世帯が対象。
 500円券10枚つづりの額面5000円分を4000円で購入でき、須賀川信用金庫の市内6支店とけんしん須賀川支店の7金融機関で購入できる。
 市・県民税非課税世帯が購入する場合、市への事前申請が必要となるが、市のまとめでは14日現在の申請率は34・1%。事前申請期限が今月29日に迫っており、購入希望者は早めの手続きをと呼びかけている。
 子育て世帯には購入引換券が郵送され、事前申請は必要ない。14日現在で商品券発行率は42・5%となった。
 今回の市プレミアム付商品券は発行総額3億5000万円を予定しているが、18日現在の販売金額は7500万円(21・4%)で、購入者の利用額に類似する商店の換金額は2068万5000円で販売額の27・6%でやや低調とみられる。
 商品券の販売期間は12月27日で終了し、来年3月15日まで市内約400店で買い物が出来る。購入限度額は市・県民税非課税世帯が5セット(1セット4000円)、子育て世帯は子どもの人数×5セットまで。
 今月5日現在で買い物が出来る店が14店増え、計404店。取扱店は店頭チラシで確認できるほか、商工会議所ホームページでも随時公表している。
 年末年始にかけて幅広い買い物で利用できることから、早めの申請と購入などを呼びかけている。
 問い合わせは市社会福祉課プレミアム付商品券係(℡94―8751)、取扱店に関しては商工会議所(℡76―2124)まで。