長沼まつり写真コンテスト入賞者

最優秀賞の矢部美保さん作「元気いっぱい」

 長沼まつり実行委員会(戸田修一会長)の第35回長沼まつり写真コンテスト審査会は14日、長沼保健センターで開かれ、最優秀賞に矢部美保さん(須賀川市)の「元気いっぱい」、阿武隈時報社賞に鈴木浩二さん(同)の「令和の五右衛門」が選ばれた。
 9月14日の「長沼まつり」で撮影した30人から139点の作品が寄せられた。
 例年審査会は10月に実施されているが、台風19号の影響で延期していた。
 戸田会長ら12人が審査員を務め、「人物・踊り」「ねぶた・ねぷた」「2L版フリー」の3部門で入選13作品を選んだ。なお福島民友新聞社賞は後日選出される。
 受賞作品は観光宣伝の素材として活用する。表彰式は30日午前11時半から長沼保健センターで行われる。

阿武隈時報社賞の鈴木浩二さん作「令和の五右衛門」

 戸田会長は「今年もいい雰囲気で祭ができた。寄せられた作品も力作が多かった」とあいさつした。
 成績は次の通り。
▽最優秀賞=矢部美保(須賀川市)◇人物・踊り部門▽特選=熊田行雄(鏡石町)▽入選=佐藤浩之(須賀川市)▽佳作=小田島守明(郡山市)◇ねぶた・ねぷた部門▽特選=矢部幸一(須賀川市)▽入選=古川巧(同)▽佳作=菅野聡(郡山市)
◇2L版フリー部門▽特選=馬場眞二(郡山市)▽入選=緑川みよ子(須賀川市)▽佳作=池上和夫(郡山市)◇特別賞▽福島民報社賞=吉田政孝(鏡石町)▽マメタイムス賞=関根松美(須賀川市)▽阿武隈時報社賞=鈴木浩二(同)