公衆衛生協会で功労者表彰

地域の公衆衛生に貢献した功労者たち

 須賀川公衆衛生協会(田代直也会長)の功労者表彰式と総合祝賀会は15日、グランシア須賀川で開かれ、地域の公衆衛生に貢献した受賞者をたたえ、より健康的な地域づくりへ機運を高めた。
 田代会長は「近年、人口構造の変化や生活習慣病による死因の増加、精神保健の問題など、課題が複雑多様化している。解決に向けた施策推進は皆さんで支える必要がありご協力をお願いします」とあいさつした。
 献血事業功労者1人、優良医療従事者5人に表彰状を手渡したほか、県知事感謝状、県公衆衛生協会長表彰の受賞を披露した。
 笹原賢司県中保健福祉事務所長らが祝辞を述べた。
 全員で記念撮影をし、親睦会で公衆衛生のさらなる充実に向けて意見を交わした。
 表彰者は次の通り。
◇須賀川公衆衛生協会長感謝▽献血事業功労=増子喜章(南部自動車学校)
◇須賀川公衆衛生協会長表彰▽優良医療従事者=横川節子、鈴木八重子(以上公立岩瀬病院)渡部利恵子(寿泉堂松南病院)櫻井早苗、武田妃富美(以上池田記念病院)
【受賞披露】
◇県知事感謝状▽公衆衛生事業功労者=阪本健一(須賀川歯科医師会)
◇県公衆衛生協会長表彰▽公衆衛生事業功労者=細井正彦(須賀川薬剤師会)