ながぬま一周駅伝で30チームが健脚競う

健脚を競い合う参加者たち

 須賀川市長沼地域を絆のタスキでつなぐ第60回ながぬま一周駅伝競走大会は10日に地区内外の特別参加を含む30チームが健脚を競い、☆鎖☆骨☆回☆復☆が1時間7分38秒で総合優勝した。
 上江花屋敷内をスタートし長沼野球場までの全8区間19・78㌔をタスキリレーする一大イベントで地区内一般6、地区外一般12、高校男子1、中学男子3、中学女子1、小学生6、特別参加1の計30チームが出場した。
 秋晴れの下、スタートしたランナーたちはタスキをつなぎ、沿道からは地域住民が大きな声援を送っていた。
 各部門の入賞チームは次の通り。
◇入賞チーム▽地区内一般の部①須賀川消防署長沼分署(1時間20分42秒)②チーム長小とゆかいな仲間たち③長沼ホーム▽地区外一般の部①ギャランドゥー(1時間10分54秒)②住友ゴムチーム「DUNLOP」③須賀川走友会A▽高校生男子の部①☆鎖☆骨☆回☆復☆(1時間7分38秒)▽中学生男子の部①西袋中学校(1時間11分39秒)②We love 松本③長沼 Tokkyo Kyokakyoku▽中学生女子の部①NAGACHU GIRLS(1時間39分27秒)▽小学生の部①堀口ランナーズA(1時31分38秒)②長沼6③長沼4―5(1時間35分00秒)