大松明の点火は午後6時半

五老山山頂に設置された巨大松明群

 須賀川市が全国に誇る伝統の炎の祭典「松明あかし」は9日、翠ケ丘公園五老山山頂をメーンに開かれる。重さ3㌧の大松明点火は午後6時半から、姫松明や本松明と合わせて24本の松明が鎮魂と希望の炎に包まれる。
 戦国時代に須賀川地方を治めていた二階堂氏と奥州の雄伊達氏の熾烈な合戦で命を落とした全ての人を弔うため、420余年もの間、脈々と受け継がれてきた。今年は台風19号被災者の希望の光となるよう願いも込められている。
 前夜祭の「八幡山衍義」は8日午後6時から地元町内会などの協力で、当時の激戦地の一つでもあった岩瀬八幡山神社で執り行う。山頂を目指す小松明の炎の列を子どもたちの太鼓演奏がしめやかに迎え、山頂で法要が営まれる。
 松明あかし本番の9日は午前11時から翠ケ丘公園芝生広場でおもてなしフードが開店し、須賀川グルメの数々を屋台で提供する。会場周辺は午後4時からLEDライトでライトアップも行う。
 午後1時からはtette前や須賀川信金本店営業部駐車場でおもてなし広場を開き、当地名産品や戦国鍋、鉢花などの販売、小松明作り体験を実施する。
 午後1時45分からは須賀川三中と須賀川一中が、午後3時からは重さ3㌧の大松明、女性が担ぐ姫松明の行列を松明通りで披露する。特に大松明と姫松明は五老山山頂で点火位置に立てるまで全て人力のみで行い、その勇壮な姿は毎年多くの観光客の語り草となっている。
 午後4時45分からは、旧須賀川城本丸跡の二階堂神社で大松明などに点火する御神火奉受式を執り行い、献吟の歌声に見送られながら市内一円を巡り五老山山頂を目指す。
 午後5時からは一般参加を含めて小松明行列がスタートし、祭りの盛り上がりを最高潮まで高める松明太鼓演奏は午後6時から花見広場特設ステージで行われる。
 午後6時半にメーンである大松明の点火を行い、山頂には24本の巨大火柱が須賀川の夜空を焦がし、希望の光となって市内を明るく温かく照らしていく。