管内5県立高校の特色選抜枠

 県教委は7日、来春の県立高入試選抜のうち、特色選抜枠(自己推薦)の募集定員枠を発表した。須賀川・岩瀬管内5校の募集定員1000人のうち、特色選抜枠は238人で、全体の23・8%となった。
 今回の入試から新制度が導入され、これまでのⅠ期、Ⅱ期選抜を統合した「前期選抜」を設ける。「前期選抜」は受験生の個性や学ぶ意欲を重視する「特色選抜」と、学力検査の成績、調査書等を選抜資料とする「一般選抜」が併願可能となる。
 出願期間は2月6日から12日まで、入学希望者は願書や調査書などを各校に提出する。学力試験は3月4日に、4日から6日に一般面接、特色面接・特色検査が出願先高校で実施する。3月16日正午以降に中学校長に結果を通知する。
 管内5校の特色選抜枠は表の通り。