五老山に本松明並び始まる

五老山山頂に並び始めている本松明

 420余年の歴史を誇る須賀川伝統の火祭り「松明あかし」は9日、翠ケ丘公園五老山山頂をメーン会場に開かれる。今年は大松明・姫松明と本松明22本が並び、勇壮な炎の競演が楽しめる。
 台風19号の影響により計画段階から本松明2団体が少なくなったが、2日午前から順次山頂に巨大な松明が並び始めた。
 文化の日を中心にした連休中は好天に恵まれたこともあり、公園を散歩する市民らも松明が並ぶ光景に足を止めていた。
 松明あかし参加団体は次の通り。
◇大松明・姫松明=松明をもりたてる会
◇本松明(22団体)=笠原工業、日本工営パワー&デジタルビジネスユニット、安部日鋼工業須賀川工場、岩通マニュファクチャリング、須賀川一中、須賀川二中、須賀川三中、大東中、西袋中、小中一貫教育校稲田学園、須賀川高、清陵情報高、小塩江中・小塩江たいまつ会、大町青壮年会、自由ケ丘町内会、須賀川支援学校、上町青年会、弘法坦青壮年会、緑町町内会、座間あかまつ会、南部地区郵便局長会、東町あづま会
◇小松明(13団体)=愛宕町青壮年会、弘法団青壮年会、南部地区郵便局長会、ライダーズピットベスパン、須賀川一小3年生、加治町町内会、東町子ども育成会、新栄町子ども育成会、馬町子ども育成会、八幡町子ども育成会、須賀川市石背柔道スポ少、須賀川市「一撃」空手道スポ少
◇かがり火(6団体)=北町青壮年会、旭町町内会、守谷舘町内会、新栄町青壮年会、諏訪町青壮年会、馬町通り商店街組合、八幡町青壮年会