ボランティアセンターは毎週土曜日のみ活動

 台風19号の被災地ボランティアを受け入れる須賀川市災害ボランティアセンターは、連日の活動によりニーズ完了率が90%を超えたことから、5日以降の活動を毎週土曜日のみとする方針を決めた。
 同センターは10月16日に立ち上げ、これまで約300件のニーズに対し、延べ1000人を超える市内外のボランティアが荷物の運び出しや泥出しなどに汗を流した。
 また緊急性のあるニーズが上がった場合は平日の活動も検討し、対応する。
 平日は個人及び団体で事前登録していた人に個別に連絡して行う。事前登録は市役所1階社会福祉協議会窓口で受け付ける。
 土曜日が天候等の影響で受け入れられない場合などは同センターフェイスブックのページで情報を提供する。
 被災市民からのニーズについては随時募集している。
 問い合わせは同センター(℡88―8211)まで。