県議選あす31日に告示

 任期満了に伴う福島県議会議員選挙はあす31日告示、11月10日投開票で行われる。須賀川市・岩瀬郡選挙区は現在のところ、定数3に対して現職2人、新人4人の6人が立候補を表明しており、県内屈指の最激戦区として注目される。全陣営は31日朝に、選挙事務所などで必勝祈願と出陣式を行い、多くの支持者に第一声をあげ、激しい10日間の選挙戦がスタートする。
 立候補するのは、現職が無所属の川田昌成氏(76)=6期=と国民民主党の宗方保氏(71)=5期=、新人は前市議で自由民主党公認の水野透氏(52)と渡辺康平氏(34)、前市議で日本共産党公認の丸本由美子氏(57)、前鏡石町議で無所属の吉田孝司氏(41)の6人。
 13日の台風19号被害からの復旧・復興と生活再建が喫緊の争点となる一方で、地方創生や世代交代、地域医療の充実、福島空港の利活用策など潜在的に抱える課題を公約やスローガンに抱える候補も少なくない。
 台風被害で2週間程度にわたり、表立った選挙運動が自粛された一方で、水面下では激しい支持拡大に向けた動きもみられ、告示に向けて徐々に選挙ムードの高まりも見せ始めている。
 今回の選挙は現職と新人による世代交代の行方にも注目される一方で、選対本部や支持者同士の激しいつば競り合いも繰り広げられているとの情報があり、選挙戦は非常に流動的な一面もみせる。
 各陣営や有権者への投票率に関する取材では、台風19号の影響などで、実戦となった8年前の須賀川市・岩瀬郡選挙区投票率47・75%(須賀川市44・74%、鏡石町55・25%、天栄村69・59%)を下回ることは必至との見方がある一方で、以前から関心が高い選挙でもあり多少は影響があるものの50%前後で落ち着くのではとの声もある。
 投票率が8年前を大きく下回った場合は基礎票や支持層がある陣営が、高くなれば浮動票を取り込んだ陣営が有利になるとの見方もあり、台風後の各候補者の活動がどのように支持獲得に結び付くかも注目される。
 各陣営の選挙事務所、第一声の時間や場所は次の通り。
◇川田昌成氏▽選挙事務所=須賀川市松塚▽第一声=午前7時半から同所で事務所開きと出陣式
◇宗方保氏▽選挙事務所=須賀川市大町▽第一声=午前9時から市内大町・結の辻で出陣式
◇水野透氏▽選挙事務所=須賀川市大黒町▽第一声=午前8時から事務所前で出陣式
◇渡辺康平氏▽選挙事務所=須賀川市陣場町▽第一声=午前9時から諏訪町の神炊館神社駐車場
◇丸本由美子氏▽選挙事務所=須賀川市南町▽第一声=午前9時から選挙事務所前で出陣式
◇吉田孝司氏▽選挙事務所=須賀川市大黒町▽第一声=午前8時半から事務所前で出陣式