悠久まつりは恒例早食い大会など盛り上がる

会場を沸かせた「米ロールケーキ」早食い大会

 いわせふるさとづくり実行委員会(糸井一郎会長)の「いわせ悠久まつり2019」は27日、岩瀬市民サービスセンター特設会場で開かれ、市内外から多くの来場者で大盛り上がりとなった。
 岩瀬地区明るいまちづくりの会共催、須賀川市、市議会、市教委、JA夢みなみ、阿武隈時報社などの後援。
 岩瀬地域の豊かな自然と文化活動、温かな人柄・人情を広域的に発信し、地域住民総参加のにぎわいの場を創出し、地域振興の一助とすることが目的、秋の一大イベントとして人気を集めている。
 白江躍進太鼓(白江小)で開幕し、岩瀬中の合唱、大石まどか歌謡ショーでは、迫力ある歌唱力に多くの来場者や駆けつけたファンの大きな拍手と声援が送られていた。
 恒例の「米ロールケーキ」や清流米「かっぱ巻き」の早食い大会、ちから自慢「俵投げ大会」には、会場から応援の声援が響く中、大盛り上がりだった。
 いわせフェスタ(売り出し)、大久保ふるさと保存会青雲白方神社秋季祭礼保存会の演奏で「みんな輪になれ豊年踊り」など、にぎやかに繰り広げられた。
 まつりを締めくくる大花火大会では創作花火やキャラクター創作スターマイン、トリプルワイドスターマインなど大迫力の花火、唐傘行灯花火などが打ち上げられ、岩瀬の夜を鮮やかに飾り、大歓声の中来場者らは満足した一日を過ごした。