災害ごみ搬入口は牡丹園正面の入り口に

 須賀川市は28日から災害ごみ直接搬入場所を「牡丹台自由広場」(庭球場・野球場東側)に変更したが、混雑を避けるため、牡丹園正面入り口を専用進入口として開放する。
 災害ごみを搬入する場合は、牡丹園正面入り口の誘導員指示に従って園内を進む。
 牡丹台自由広場の災害ごみ仮置き場は、午前9時から正午、午後1時から午後4時までごみ搬入を受け付ける。
 可燃ごみ(ふとん・座布団・マットレスなど)、不燃ごみ(ガラス・せとものなど)、金属ごみ(小型家・なべ・やかんなど)、廃家電4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)、畳、木材・タンス、燃料・オイル・ガス缶・タイヤ、混合ごみ、土・泥の9項目に区分する。
 とりわけ、電池・ライター・ガスボンベ・石油タンクなど発火原因となるものは火災の恐れとなるので、必ず取り除き「燃料~」などの区分へ出す。
 分別することが困難な場合は分別しなくても搬入することが出来る。問い合わせは市環境課(℡88―9129)まで。