コールセンターに住宅応急修理など追加

 須賀川市は28日、台風19号に係る各種相談などを受け付けるコールセンター(℡75―1111)と相談窓口で、新たに「住宅の応急修理」と「民間賃貸住宅借り上げ」案内を追加した。
 窓口は市役所1階みんなのスクエアで、受け付け時間はともに午前8時半から午後5時15分まで。土曜、日曜、祝日も開設する。
 「住宅の応急修理」は、住宅が一定基準(半壊、大規模半壊など)の被害で自らの資力では修理できない世帯(半壊までの場合は世帯所得要件あり)で、かつ民間賃貸住宅借り上げを利用しない場合、日常生活に必要な最低限度の部分について、応急修理制度を利用できる。受け付けや申請方法、時期は未定。
 「民間賃貸住宅借り上げ」は、災害により住居が全壊などの被害を受け、自らの資力では住居が確保できない被災者で、住宅の応急修理制度を利用しない場合は、県が民間賃貸住宅を借り上げて無償で提供する。受け付けや申請方法、時期未定。
 コールセンターと相談窓口では、このほか「災害ごみの収集」、「家屋床下の消毒」、「り災証明書」についての相談も受け付けている。