11月9日から秋季全国火災予防運動

 須賀川地方広域消防組合(水野弘美消防長)は秋季全国火災予防運動期間に合わせ、街頭PR活動や一人暮らし高齢者世帯の防火訪問などを行い、須賀川・岩瀬地方の火災予防思想の普及と啓発を図る。
 今年度の秋季全国火災予防運動は11月9日から15日までの7日間で、全国統一防火標語に「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」を掲げて展開する。
 重点目標は住宅防火対策、乾燥時及び強風時の火災発生防止対策、放火火災防止対策、特定防火対象等における防火安全対策、製品火災の発生防止に向けた取り組み、多数の人が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底の6項目で、各消防組合・署、関係機関が火災予防活動に取り組む。
 須賀川消防署は7日午前10時から市役所で、鏡石分署は9日にリオン・ドール鏡石店で街頭PR活動を行い、啓発用品などを配りながら地域住民の防火意識向上を図る。
 また管内市町村と連携し広報紙やホームページへの記事掲載、一人暮らし高齢世帯の防火訪問指導、小規模飲食店立入検査による消火器設置指導、横断幕・立て看板及び桃太郎旗の掲示、電光掲示板への広報文掲載、防災行政無線広報などを展開し、火災予防思想や住宅用火災警報器設置促進などを呼びかける。
 そのほか福島空港と空港関連施設の立入検査などを予定。
 なお今月31日午後2時から行う火災予防絵画・ポスターコンクール表彰式は、消防本部が台風19号で浸水したため、会場を石川消防署に変更する。