うつみね児童クラブ館プレオープン

宿題を持ち寄り教え合う子どもたち

 阿武隈小南側に建設された新しい「うつみね児童クラブ館」は23日にプレオープンし、授業を終えた児童らが職員に見守られながら真新しい施設内で遊んだり宿題をするなど安全で充実した時間を過ごした。
 共働きの保護者らも待望していた利用開始で、23日現在で1年生から5年生まで132人が登録している。放課後児童支援員認定資格などの資格を持つ17人の職員らが子どもたちを見守る。
 正式な利用開始は11月1日からだが、23日から利用できるようになった。
 子どもたちは初日から広々とした遊戯室で 追いかけっこをしたり、学習室で宿題を教え合ったりトランプをするなどしながら、学年を超えた交流を楽しんでいる様子だった。
 なお来年度の入館は今月中に申し込みが必要となる。申し込み・問い合わせは市こども課子育て支援係(℡88―8114)まで。