被災住宅の応急修理を支援

 須賀川市は国の災害救助法に基づき、大規模半壊や半壊被害を受けた住宅の応急修理支援制度を設けている。
 被災住宅の居室や台所、トイレなど日常生活に必要不可欠な最小限度の修理が対象で、限度額は1世帯あたり59万5000円。
 制度を申し込む場合は、「被災状況がわかる写真」が必要となる。
 利用を希望する場合は修理着手前に市建築住宅課(℡88―9151)で相談する。