災害ごみの分別に協力を

 須賀川市は11月30日まで台風19号被災ごみ「仮置き場」を牡丹園西側駐車場に開設しており、利用者へごみ分別細分化に理解と協力を求めている。
 利用者は収集場所入り口で受け付けを済ませ、金属や可燃ごみなど9項目と土・泥に分けて(別図参照)、仮置き場にごみを搬出できる。
 20日夜に発生した仮置き場火災はごみの中に混じっていた発火物からの自然発火とする見方が強く、市は安全な利用と2次被害発生を防ぐためにも、分別への理解を呼びかけている。
 仮置き場の利用は午前9時から正午、午後1時から午後4時まで。水曜日はごみ搬出作業のため利用できない。
 問い合わせは市環境課(℡88―9129)まで。