13日「須賀川みつけ隊―樹木編」

 須賀川知る古会の「私たちの須賀川見つけ隊―樹木編2」は、13日午後1時から神炊館神社の夫婦けやきなどまちなかの樹木を訪ね歩く。
 樹木医で県樹木医会事務局長の鈴木俊行さんを講師に迎え、須賀川の歴史を静かに見守り続けた銘木や巨木などを探しながら、ふるさとの文化や歴史に親しむ。
 参加費は1人500円。tetteに集合し神炊館神社へ向かう。問い合わせは知る古会事務局の影山さん(℡75―3005)まで。
 須賀川知る古会は須賀川の隠れた名所や良いところを探し、見つけ、発表する活動を長年続けており、市内小学生と一緒にまちなかを探検して学習発表するサポートなどもしている。
 東日本大震災で被災した朝日稲荷神社神楽殿を神炊館神社の協力で平成25年に復旧し、新たなコミュニティの場として定期的に「神楽殿寺子屋」を実施してきた。
 今月20日には深谷勝俊深谷石材店社長を講師に迎えて、「石工から見た、須賀川江持石の変遷」をテーマに講演会を開く。