市文化祭俳句の部市長賞に江藤さん

 須賀川市文化祭文芸大会「俳句の部(一般の部)」選句会が5日、tetteで行われた。最高賞の市長賞は江藤文子さんの「秋蟬のいのちからりと吹かれをり」が選ばれた。
 一般の部には63人から185句(前年比20人、59句増)の投稿があった。
 作品は22日からtetteで開かれる文化祭総合展で展示する。
 特別賞受賞作品は次の通り。
▽市長賞=江藤文子「秋蟬のいのちからりと吹かれをり」▽議長賞=有馬洋子「修羅の目となりて極暑の坂歩く」▽教育長賞=薄井恭子「臥す母に窓を開きし今日の月」▽文化祭実行委員長賞=渡邉良彦「泥と汗背番号なきユニホーム」▽文化団体連絡協議会長賞=古河ともこ「干梅やことりことりと母のあり」▽明るいまちづくりの会長賞=諸根美紀子「千円で買はれてゆくは囮鮎」▽桔槹吟社賞=古川春枝「大花火『未来大橋』より仰ぐ」