鏡石町総合戦略推進本部会議

総合戦略とまちづくりについてあいさつする遠藤町長

 鏡石町「まち・ひと・しごと創生総合戦略」推進本部会議は2日、町役場で開かれた。今年度末で5カ年の計画期間を満了する同戦略について、町最上位計画「第6次総合計画」の令和4年度スタートに合わせて新戦略を施行できるよう、現計画の2カ年延期へ協議を始めた。
 遠藤栄作町長は前回の国勢調査で町の高齢化率は県内3番目に低い現状と総合戦略の成果などについて報告し、「今後も駅に降りてみたい、歩いてみたい、住んでみたいまちづくりをキーポイントに、鏡石町の強みを活かしながら様々な可能性を見出していきたい。(総合計画策定とともに)新たな総合戦略に向けて職員一丸となって取り組んでほしい」とあいさつした。
 第1回会議では人口減少と少子高齢化対策に特化した取り組みを検証し、次期戦略策定に向けて準備を進めていくことを確認した。
 今回の協議内容などを案として有識者会議や町議会に提案・説明し、総合戦略の2年延長を正式に決定する。