天栄中駅伝部の壮行会

県大会に初出場する男子チーム

 天栄中特設駅伝部の県大会に向けた壮行会は1日に開かれ、選手たちが全校生の前で意気込みなどを堂々と発表し、士気を高めた。
 同部は8月に鳥見山陸上競技場で行われた岩瀬地区中学校駅伝競走大会で男子チームが1時間38秒、女子チームが43分55秒で初の男女ともに優勝を飾り、県大会出場権を勝ち取った。
 初の県大会に臨む男子主将の佐藤輝歩君は「試走では全員が自己ベスト記録を伸ばしている。県大会で入賞して、東北大会出場を目指したい」、3年連続出場となる女子主将の須田幸彩さんは「昨年第2位となり、とても悔しい涙を流した。この大会で2年ぶりの県制覇をして、全国大会出場を実現させたい」と熱い決意を述べた。

2年ぶりの全国出場を目指す女子チーム

 第62回県中学校体育大会駅伝競技は開会式が3日、いわき市21世紀の森公園で開かれる。競技は4日で、女子は午前10時から、男子は午前11時半からスタートする。
 選手は次の通り。
▽男子=佐藤輝歩、圓谷晃生、佐々木諭吉、内山巧稀、芳賀時斗、矢部達也、黒澤優斗、佐々木大蔵、三島木煌成▽女子=須田幸彩、岩崎麻知子、岩沢明音、黒澤愛理、宗方萌歌、大平乃彩、榊枝玲奈、小林真弥