新規のいわせお買い物バス運行

自分の目で確かめながら選び買い物を楽しむ利用者

 須賀川市社会福祉協議会岩瀬支所の新規事業「いわせお買い物バス」は24日、1回目を運行した。
 岩瀬地区に居住する高齢者や障がい者で買い物に不便を感じている人を、市内のスーパーまで送迎し、買い物や昼食をとりながら、外出機会の創出と住民同士の交流を図ることが目的。
 利用登録者9人のうち6人が運転と見守りのボランティア6人と、いわせデイサービスセンター送迎車の空き時間を利用して、ヨークベニマル須賀川西店で食材や衣料品などの買い物を楽しんだほか、店内のイートインスペースで昼食を取りながら、ボランティアとの交流を図った。
 参加者らは「一人暮しなので、とても楽しかった」「出かけるための足がないので助かった」「自分の目で選べて良かったので、これからも活用したい」と喜んでいた。
 同所では随時参加者、運転や見守りのボランティアを募集している。
 次回は白江地区が10月21日、白方地区が10月31日運行する。
 問い合わせは市社協岩瀬支所(℡65―3889)まで。