北海道訪ねる「ふたつの長沼」参加募集

 須賀川市都市間交流事業「ふたつの長沼、交流の旅。」は10月29日から2泊3日で福島空港を発着し北海道夕張郡長沼町を訪ねる。地元住民との交流会や札幌市円山動物園見学など予定している。
 旧長沼町と北海道夕張郡長沼町は平成9年に友好親善宣言をして以来、お互いに都市交流を毎年繰り返すなど友好関係を深め、平成17年の市町村合併後も長沼まつりや夕焼け市での物産販売をはじめ交流活動が続いている。
 今回の「交流の旅」事業を通して、北海道長沼町との交流を市全域に拡大させるとともに、福島空港の利活用促進を目的とする。
 今回は「ふたつの長沼」と銘打ち、北海道長沼町が誇る野菜やコメなど美味しい農産物を味わい、観光地のほか長沼町長表敬訪問、札幌場外市場自由見学などを予定している。
 宿泊先はしょっぱい源泉で有名なながぬま温泉。参加費は6万2000円。1人部屋希望の場合は2000円追加。定員20人、締め切りは10月2日。
 須賀川市職員が同行するほか、現地では北海道長沼バスに乗り、長沼町職員らの案内を受ける。
 問い合わせは市観光交流課(℡88―9145)まで。
 主な行程は次の通り。
◇10月29日▽午前9時=福島空港集合、出発セレモニー▽正午=道の駅「マオイの丘公園」で昼食・農産物直売所視察▽午後1時半=航空自衛隊長沼駐屯地基地見学▽午後3時=長沼町長表敬訪問、事業「タンチョウも住めるまちづくり」説明▽午後6時半=夕食・懇談会
◇30日▽午前10時10分=札幌市円山動物園見学▽午前11時50分=札幌場外市場・自由見学▽午後1時40分=白い恋人パーク見学▽午後6時=夕食(物産館でジンギスカン食べ飲み放題)
◇31日▽午前9時10分=かねひろジンギスカン訪問▽午前10時45分=キリンビール北海道千歳工場見学▽午後1時15分=サケのふるさと千歳水族館見学▽午後5時半=福島空港着、解団式