29日に須賀川市防災訓練

 地域防災体制の確立と防災意識の高揚を目的とした、須賀川市防災訓練は29日午前8時半から市民スポーツ広場・会館で行われる。オフロードバイク隊やドローンによる被害状況調査、自主防災組織の救助訓練、消防署と消防団の一斉放水など約3時間半で12項目の訓練を実施する。
 県内陸部を震源としる直下型地震発生により、須賀川市は震度6強の揺れに見舞われ、建物倒壊や火災、ライフライン寸断、前日からの大雨が影響した土砂崩れなど多重災害発生を想定する。
 市は東日本大震災からの教訓を活かした市地域防災計画に基づき、市庁舎に災害対策本部、市民スポーツ広場に現地災害対策本部を設置し、万が一に備えた災害応急対応に取り組む。
 市、市消防団、広域消防本部をはじめとした関係24団体の協力を得て、避難所・ボランティアセンター設置・運営と炊き出し、ドローンなども活用した被害状況調査、土砂災害被災者捜索・救出、避難広報・避難誘導、初期消火、一斉放水・中継などを行う。
 土砂災害被災者捜索・救出訓練は、県警交通機動隊オフロードバイク隊と災害救助犬による捜索、消防団と自主防災組織は倒壊家屋からの被災者救出を予定している。
 避難広報・避難誘導訓練は、災害対策本部からの指示を受け、2次災害防止のため一時避難場所から指定避難所に誘導を受け、引き続きの初期消火訓練はバケツリレーと消火器で消火完了を目指す。
 水難救助訓練は消防署員が実際に阿武隈川・釈迦堂川でロープブリッジ救助により河川の中州の要救助者を救出し、消防団は河川からの漏水を防ぐため水防工法を実施する。
 ほかにも防災教室や起震車による地震体験、防災用品の展示、小学生以下対象の記念品付きスタンプラリーなども行う。
 訓練当日は防災行政無線や緊急速報メール、消防車両の吹鳴などあるため、近隣住民の理解と協力を求めている。
 防災訓練参加団体は次の通り。
須賀川市、市消防団、須賀川地方広域消防組合、市自主防災組織、県、須賀川署、県交通機動隊郡山分駐隊、陸上自衛隊第6特科連隊、市連合女性消防隊、市社会福祉協議会、市赤十字奉仕団、市管工事協同組合、東北電力須賀川電力センター、市の防災を考える会、災害救助犬福島、県畳工業組合須賀川支部、市外国人雇用事業者連絡協議会、市多文化ネット、須賀川地方聴力障害者会、須賀川手話サークルあゆみ会、要約筆記通訳すかがわ、町内会・行政区、神田産業、スペースワン、アルサ、ホシノ郡山支店、ナカムラ防災、福島ミドリ安全、福味商事、八重洲無線、情報コネクト、CSR、こぷろ須賀川