コースター第2弾「怪獣シリーズ」

「怪獣シリーズ」コースター イメージ

 須賀川商工会議所旅館料飲部会(味戸雄二郎部会長)とトキワ印刷が共同開発し大好評のウルトラコースター第2弾「怪獣シリーズ」が完成した。10月中旬以降の取り扱い開始に向けて、今月30日まで100セット(4枚1組)限定で販売店を募集している。
 第2弾「怪獣シリーズ」は、松明通りにモニュメントが並び、歴代ウルトラマン」の好敵手として今も根強い人気を誇る、「ゴモラ」、「エレキング」、「ゼットン」、「ベムスター」をコースターにデザインした。
 コースターは紙製で1枚直径9㌢。おみやげ用としても販売できるよう4枚1組で包装し、販売価格は1セット165円(税込み)を予定している。飲食店などでドリンク提供用にも使用できる。
 第1弾「ウルトラマンシリーズ」と同じように、市内各店舗で利用することで、地域活性化と各個店のにぎわい・話題づくりにつながると期待される。
 製作数は100セット、4枚1組100袋計400枚限定で、受け付け締め切り後の追加申し込みなどは一切受け付けられない。
 予定販売数に達した時点で、締め切り前でも注文を終了するため、早めの申し込みを呼びかけている。
 問い合わせは須賀川商工会議所企業課(℡76―2124)まで。
 須賀川市が平成25年にウルトラマンのふるさとである光の国M78星雲と姉妹都市提携をきっかけに、官民連携して様々なウルトラ関連商品が企画・販売されてきた。
 ウルトラコースターは旅館料飲部会とトキワ印刷が昨年12月から第1弾「ウルトラマンシリーズ」を販売し、大人から子どもまで今も大人気の「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」、「ゾフィー」、「ウルトラマンタロウ」をデザインした。
 各種会合などでドリンク用に配られたものをお土産に持ち帰る人が出るほど話題になり、第1弾の好評を受けての第2弾「怪獣シリーズ」販売となった。
 当初の計画ではウルトラコースターは全3部作を予定しており、怪獣シリーズの販売と人気の状況によって第3弾シリーズの販売計画もある。