ボーイスカウト福島連盟創立70周年を祝う

代表のことばを述べる安齋さん

 ボーイスカウト福島連盟の創立70周年式典は15日、須賀川市の翠ケ丘公園で行われ、関係者一同で今後の活動へ決意を新たにした。
 県内23個団、約300人が出席した。国旗掲揚、連盟歌斉唱、物故者への黙とうに続き、ボーイスカウト・ガールスカウト振興県会議員懇談会、ボーイスカウト埼玉県連盟、同神奈川連盟湘南地区、同福島連盟振興会の代表者に感謝状が贈られた。
 増子惠二副連盟長が式辞を述べ、安藤基寛副市長が歓迎の言葉、ボーイスカウト振興国会議員連盟の玄葉光一郎代議士と県教育庁社会教育課の鈴木基之課長が来賓祝辞を述べた。
 須賀川第1団ボーイスカウトの安齋朴音さんが「多くの先達がリレーしてきたボーイスカウトのスピリットを受け継ぎ、明日に進むことを誓います」とスカウト代表の言葉を発表した。
 式典終了後、同公園で参加者同士の交流が行われた。