大柿リツさんに100歳賀寿贈呈

知事賀寿が贈られる大柿リツさん

 須賀川市狸森字岩渕68、大柿リツさんは15日、満100歳の誕生日を迎えた。100歳賀寿贈呈式は自宅で行われた。
 大柿さんは大正8年狸森に生まれ、5人兄弟の3番目(二女)として生まれ、結婚し子ども6人、孫13人、ひ孫15人に恵まれた。
 長寿の秘訣は介助を要するが、規則正しい生活を送り、酢の物や野菜中心の食事をすること。
 農業を営んでおり米やたばこを作っていた。若い頃から体は丈夫で、近くの山まで歩いてキノコ採りをしていた。98歳くらいまで家の近くを歩いていた。
 贈呈式は親族約50人が見守る中、小林則正県中保健福祉事務所健康福祉部主幹兼副部長、水野良一市健康福祉部長、溝井正男市福祉協議会長が賀寿や祝い金などを贈り、ひ孫の酒井秋汰君、菅野亜純さんが花束をプレゼントした。
 長男の一夫さん(81)が「昨年1月に肺炎にかかり心配しましたが、これからも支えながら過ごしていきたいと思います。ありがとうございます」と謝辞を述べた。