火災予防絵画・ポスター優秀賞に野沢君たち

 須賀川地方広域消防本部(水野弘美消防長)の火災予防・ポスターコンクールの審査会は12日、市民スポーツ会館で開かれ、子どもたちが工夫を凝らして描いた作品の中から優秀賞12点が選ばれた。須賀川・岩瀬地方からは野沢嶺君(須賀川三中1年)ら6人の作品が選ばれ、県コンクールに推薦される。
 同コンクールは子どもたちの作品を通して子どもと地域住民の防火意識の高揚と普及啓発を図るため、昭和62年に始まり、今回で33回目。
 須賀川・岩瀬・石川地方から、幼稚園・保育所12園360点、小学校30校598点、中学校10校282点の計52校1240点が寄せられた。
 審査員は須賀川美術協会の深谷滉会長、君島主一名誉会員、小豆畑清種名誉会員と須賀川地方消防防災協会の草野修会長、小室健一副会長、水野消防長が務めた。
 審査会場となった市民スポーツ会館には、消防車やオリジナルのキャラクター、火災警報器や花火などの絵と、火事の怖さや火災予防の大切さを訴える標語を組み合わせた子どもたちの作品がずらりと並び、審査員らは甲乙つけがたい力作の評価に意見を出し合っていた。
 4部門で計12点の優秀賞と入選68点を選び、優秀賞は県コンクールに推薦される。
 また優秀作品は今年12月に作成する来年度の防火ポスターに掲載し、1500枚を管内の学校や事業所等に掲示することで火災予防の啓発を促す。
 表彰式は10月31日午後2時から消防本部で行われる予定。
 須賀川・岩瀬地方の優秀賞受賞者は次の通り。
▽保育所・幼稚園児の部=大藤琴心(柏城保育園4歳)本田丸琉(岡ノ内幼稚園6歳)▽小学生(低学年)の部=武田朋樹(須一1年)金沢琉生(鏡石二2年)▽同(高学年)の部=須藤颯介(西袋一5年)▽中学生の部=野沢嶺(須三1年)