23日に熊野神社宮司の富田修さん講演会

 元NHKアナウンサーで熊野神社宮司の富田修さん講演会「アナウンサーが神職になって 日本のこころ~中今(なかいま)とは何か」は、23日午後2時からtetteたいまつホールで開かれる。入場無料。
 神炊館神社、同神社氏子総代会、神葬祭諏訪講社共催。
 講師の宮田さんは千葉県生まれ。昭和45年NHK入社、昭和52年から56年まで福島放送局勤務時に松明あかしを現地から中継した。
 平成7年の阪神・淡路大震災発生時には、発災直後から11時間にわたって冷静沈着に災害状況を報道し続け「第1報を報じたアナウンサー」として高く広く評価された。
 退職後は平成14年に神職の資格を得て、千葉県長南町にある熊野神社の宮司として神務奉仕のかたわら、各地で活発に公演活動を行っている。
 問い合わせは神炊館神社社務所(℡73―2877)まで。