14日盛大に長沼まつり

12日に完成し記念撮影する長沼中

 長沼地域の夜を巨大ねぶた・ねぷたや踊り流しが熱く盛り上げる、第35回長沼まつりは14日午後4時から金町通りをメーン会場に盛大に開かれる。出陣式は午後6時から、ねぶた・ねぷたは午後7時から旧JA長沼支店前を出発する。
 今年の長沼まつりはねぶた・ねぷたの部に10団体、よさこいの部と子供みこしの部、フラダンスの部に各1団体、踊り流しの部に4団体が出演する。
 金町通り会場は午後4時からフラダンスとよさこい、午後6時の出陣式で祭りの気勢を挙げ、踊り流し、子供神輿、ねぶた・ねぷたが威勢よく練り歩く。
 会場では各種露店・出店をはじめ、北海道長沼町の特産品販売、長沼東小児童手作りの金魚ねぶた展示、長沼高廃校反対署名活動などを実施する。
 長沼まつり本番に向けて各団体とも急ピッチで準備を進めており、ねぶた・ねぷたの部で参加する長沼中のねぷたは12日に完成し、3年生47人は記念撮影して祭りに向けて気持ちを高めた。
 なお大会当日は金町通りを中心に午後4時から午後10時まで交通規制が行われ、周辺は大変混雑するため相乗りなど協力を求めている。
 長沼まつり参加団体は次の通り。
▽ねぶた・ねぷたの部=長沼小、長沼中、長沼高、私たちのねぶた愛好会、矢田野ねぷた愛好会、豊町わっしょい会、小中ねぶた会、喜多町ねぷた、金上ねぶた狂、秋桜会▽よさこいの部=百花繚乱▽子供みこしの部=上木之崎子供みこし▽踊り流しの部=華乃会、花柳流華純会、花柳流野菊会、花柳流あやの会▽フラダンスの部=プアリリア