台風15号で休校判断は8日正午に

 気象庁によると台風15号は9日深夜から午前中にかけて須賀川・岩瀬地方に最接近するものとみられ、比較的雲域が小さいため、急激に風雨が強まる恐れもあり注意を呼びかけている。
 須賀川市教委は9日の登校時間帯に台風15号による暴風や強雨の影響が懸念されることから、市立幼稚園・小中学校の休校措置などを8日正午の段階で最終判断する。
 ただし通常通りの登校となった場合も、市立幼稚園・小中学校ともに給食提供は行わないため、子どもたちは弁当持参となる。
 児童生徒の安全確保などによる対応のため理解と協力を求めている。