稲田学園が10日に東京で故郷の良さPR

手作りのチラシで須賀川・稲田をPRする生徒たち

 稲田学園(八木沼孝夫校長)の学習旅行は10日、東京都で行われ、8年生22人が中央区の日本橋ふくしま館(ミデッテ)で故郷をPRする手作りチラシなどを配布する。
 キャリア教育・ふるさと教育の一環で、郷土の未来を拓く子どもたちが須賀川・稲田を紹介し、PRすることで郷土愛を育み、復興に主体的に関わるほか、活動を通じて自己を見つめ、夢の実現に向けて行動する力を身につけることなどを目的に昨年から始まった。市観光交流課が協力する。
 PR活動は午前と午後の2班に分かれ、店頭でのチラシ配布や市特産品などの物販の補助を行う。
 チラシは4種類作成し、松明あかしや釈迦堂川花火大会、かっぱ麺、円谷英二監督や円谷幸吉選手と市の関わりなどをイラストや写真を盛り込みながら紹介する。
 実行委員長の大波瑞季さんは「チラシは読みやすく明るいイメージを意識して作りました。このチラシで須賀川の良いところを知ってもらいたいです」と意気込みを語った。