古材額縁と作家4人のコラボ展

古材額縁と作家4人のコラボ展

 木村徳蔵古材額縁商店と県内作家4人がコラボレーションした作品展は11月30日まで、須賀川市中町のヤシロ時計店隣のすかがわDEMOで開いており、時の流れが育んだ独特の味わいを持つ額縁と4人それぞれの個性との共演を存分に楽しめる店内となっている。
 木村徳蔵さんは馬町でTOKUZO GALLERY&CAFEを営みながら、古い木材や戸棚の扉など味のある材料で額縁を手作りし、様々な作者に提供してきた。Rojimaなどにも定期的に出店するほか、各地の作者からオーダー制作を受け付け注目を集める。
 木村さんの額縁に入れた作品を展示しているのは、全て県内で活躍する、こぎん刺し作家のカチャラズさん、写真家の大塚英二さん、書家の陽華さん、イラスト画家のみやたみほさん。
 今月28日まで作者4人の作品が並び、29日から10月12日まではカチャラズさん、13日から26日は大塚英二さん、27日から11月9日は陽華さん、10日から23日までみやたみほさんの作品をメーンに展示する。最後の1週間はまた全員の作品を紹介する。
 開店中は作者が何度も来場する予定で、直接会って作品について話を聞くことも期待できる。
 すかがわDEMOはこぷろ須賀川が、まちなかの回遊性と魅力向上を目指すスモール拠点事業の一つとして運営している。