天栄村で10月1日「清酒で乾杯」

 天栄村が誇る2蔵元の地酒を楽しむ「清酒で乾杯」は10月1日午後6時45分から村体育館で開かれ、出席者一同で午後7時に乾杯する。
 村には創業200年を誇る寿々乃井酒造店と明治25年創業の松崎酒造の2蔵元があり、いずれも平成30酒造年度全国新酒鑑評会で金賞に輝くなど高い評価を得ている。
 村は平成25年の12月議会で制定された「村清酒で乾杯を促進する条例」により、清酒での乾杯を風習として広めることで、日本文化の理解促進、村内産業・農業の振興を図ってきた。
 10月1日は「日本酒の日」として全国各地で同様のイベントが催され、同じ時間に一斉に乾杯する。
 村の「清酒で乾杯」は村内2蔵元の地酒を振る舞うほか、天栄ブランドの米、長ネギ、ヤーコンなどを使った様々な料理をビュッフェ形式で楽しむ。またオリジナルのお猪口をプレゼントする。
 参加費は3000円で、先着300人のため早めの申し込みを呼びかけている。
 なお今年はオートキャンプ世界大会の会期と重なっているため、大会参加者も加わり交流を図る予定。
 問い合わせ・申し込みは村商工会内事務局(℡82―2709)まで。