猪苗代町・郡山市で特撮ワークショップ

 須賀川市や県、須賀川商工会議所などで構成する、特撮文化推進事業実行委員会(委員長・橋本克也市長)は、一人でも多くの人に特撮の魅力を知ってもらいたいと9月14、15の両日、猪苗代町と郡山市で初めての「特撮ワークショップ」を開く。10日まで参加者を募集している。
 14日は猪苗代町体験交流館学びいなホール、15日は郡山市カルチャーパーク内のカルチャーセンターで、各市町内の小中学生を対象とする。
 講師に特撮研究所の三池敏夫さんを迎え、綿や画用紙、チョークなど身近なもので撮影セットを作り、特撮現場と撮影を体験する。
 問い合わせ、申し込みは猪苗代町生涯学習課生涯学習係か県中地方振興局企画商工部地域づくり・商工労政課まで。
 特撮文化推進事業実行委員会は、須賀川出身で特撮の神様と今も人気の円谷英二監督が生み出した特撮を日本の誇るべき文化として後世に残すため、継承・発展・創造へつなげる活動を展開している。須賀川市、県、NPO法人ATAC、須賀川商工会議所などで構成する。
 講師を務める三池さんもメンバーの一人で、「シン・ゴジラ」や「ウルトラマンサーガ」などに携わり、須賀川市でも特撮ワークショップを何度も開いている。