阿武隈川漁業解禁に前進

 国の原子力災害対策本部は28日、阿武隈川のアユとコイの出荷制限を解除した。
 解除範囲はアユが阿武隈川のうち信夫ダム下流(支流を含む)、コイが阿武隈川(支流を含む)。
 阿武隈川漁業協同組合須賀川支部によると、阿武隈川水系の漁業解禁は他魚種などの状況を踏まえた国・県の判断と、同組合理事会などでの話し合いを待つことになる。
 同支部ではウグイやイワナ、ヤマメなど制限を解除されていない魚種の検体採取と国・県への提出を継続しながら、早期の漁業再開に期待を込めて、鑑札や漁業免許の案内の更新などを並行して進めていく。