高齢者らのお買い物支援で事前説明会

買い物支援事業のボランティア事前説明会

 須賀川市社会福祉協議会岩瀬支所の新規事業「いわせお買い物バス」ボランティア事前説明会は27日、約10人が参加していわせ悠久の里で開かれた。
 岩瀬地区に居住する高齢者や障がい者で買い物に不便を感じている人を、市内のスーパーマーケットなどまで送迎し、買い物や外出機会の創出と住民同士の交流を目的とする支援事業「いわせお買い物バス」を実施するにあたり、地域ボランティアの協力を得て推進を図る。
 松崎健一市社会福祉協議会事務局長が「絶大的な力となりますよう、ご協力をよろしくお願いします」とあいさつし、石森久美子市社協岩瀬支所主事が「地域の人から上がった声を踏まえ、デイサービスセンターもあり、送迎車の空いている時間を利用して活用して行きたいと考えたところです」と話し、事業内容を説明した。
 利用者は地区内に在住の概ね75歳以上の高齢者か障がい者、運転免許を持っていない、家族が支援出来ない、運転に自信のないなど必要と認めた人を対象に、市内のスーパーマーケットに買い物に行く場合、自宅まで迎えに行き、買い物をし、昼食を一緒に囲み、自宅まで送るもので、送迎は無料で買い物や昼食代は個人負担となるなどを説明した。
 ミニ講座では佐藤典子市社協ボランティアセンター長が「買い物支援ボランティアの基礎知識」と題して講話した。
 買い物日は白江地区と白方地区に分け、9月から月2回実施、主に午前10時から午後2時までの時間帯。白江地区は9月24日、10月21日、11月19日、12月17日、1月16日、2月13日、3月17日。
 白方地区は9月30日、10月31日、11月28日、12月26日、1月21日、2月25日、3月26日。
 最後に5人がボランティア登録した。
 申し込みは同協議会岩瀬支所(℡65 ―3889)まで。