9月5日長沼高生が429年前を追体験

昨年の松明あかしで披露された信金の甲冑

 長沼高(星栄一校長)の3年生44人は長沼城址を考える会などの協力を得て、429年前に豊臣秀吉が宿泊したと文献が遺された長沼城址で甲冑武者姿になり、地元の歴史を現地で学ぶ体験授業を行う。9月5日午前9時半頃、城址本丸跡で生徒会長の小板橋翔さんが宣誓文を読み上げて今後の地域貢献活動についての思いを発表する。
 長沼城は会津地方における天下統一最終会談いわゆる「奥羽仕置」の直前にあたる、1509年旧暦8月7日(新暦9月5日)に宿泊した地として知られる。城址となった今も、「お城山」の愛称で多くの地元住民から愛され、春のサクラの季節には山全体がピンク一色に包まれ、市内外から多くの観覧客が足を運んでいる。
 長沼高は県教委が掲げる地域連携教育「ふくしまの未来を創る」と連動して、長沼地域の歴史や文化について今年度から深く学びを進めており、地域連携担当教職員の濱田潤子教諭が中心となって地元関係団体と協議を進めてきた。
 同日は高校からもほど近く、長沼小北にある長沼城址に着目し、長沼がたどった歴史の追体験を地域連携のメーンとして、豊臣秀吉が来城した歴史について深く学ぶ目的で現地体験授業を行う。
 甲冑は松明あかしなどで鎧武者姿を披露する、須賀川信用金庫甲冑クラブが協力し、甲冑7領、のぼり旗、刀、やり、ホラ貝などを借り受けた。
 生徒たちは午前9時前に高校をバスで出発し、城址本丸跡まで山道を登って、小板橋会長が代表で宣誓文を読み上げる。
 429年前に長沼城が秀吉の宿泊地に選ばれるまでの考察や奥州仕置直前に訪れた意義、会津方面への入り口として重要な要衝としての役割を持った当時の長沼などについても、今後学びを深めていく。
 また14日に開かれる長沼まつりに同校もねぶたを制作して参加するため、今回の地元学習がさらなる盛り上がりにもつながることが期待される。