こぷろ「おかしばこ」好評

「おかしばこ」で焼き菓子を作るhug.さん

 こぷろ須賀川(安田喜好社長)がまちづくり事業として取り組む、旧オサダ自転車跡地(中町)のスモール拠点「おかしばこ」が好評稼働中で、週末にはhug.さんが手づくりした焼き菓子などを隣の「すかがわのおと」で販売している。
 hug.さんは毎週金曜日に小麦粉や乳製品、卵、チョコレートを使わないガトーショコラ、はたけんぼで提供中の須賀川産米粉を使ったクッキーやマフィンなど5種類程度を手作りする。
 子どもにも安心して食べさせられるように、手作りの塩こうじや地元産材量を使うなど工夫し、200円から300円台で販売している。
 週末限定の販売ながら市内のお母さんからも話題を呼び、お菓子を目当てに来店する市民も多い。
 なお「おかしばこ」はイベントなどで販売可能なお菓子類を誰でも製造できる場所で、将来的な開業・出店を目指すための準備スペースとしても活用できる。利用料金など詳しくはこぷろ須賀川(℡94―6590)まで。