須三中2年生が市内26カ所で職場体験

撮影した写真や取材内容を確認する生徒たち

 須賀川三中(小林一彦校長)2年生の職場体験は23日、市内26カ所で行われ、生徒たちが様々な職業に挑戦した。
 労働者の姿を直接見聞し、仕事の現場や職業観、勤労観について理解を深めることなどが目的。
 このうち坂本姫莉さんと小沢駿介君、車田輝君は阿武隈時報社を訪れ、一日記者を体験した。
 3人は取材して記事を出稿し、編集して新聞が印刷されるまでの流れを学んだほか、市立博物館で同じく職業体験をする同級生へのインタビューやtetteで開かれている「ウルトラとくさつワールド」の来場者1万人達成セレモニーの取材見学などをした。
 参加した3人は「仕事のやりがいなどがわかりました」「取材の同行は楽しく、記者の仕事は大変なんだと思いました」「貴重な体験ができました」などの感想を述べていた。