卓球カデットの部県南大会

息のあったコンビプレーを発揮する選手たち

 全日本卓球選手権大会カデットの部県南大会は11、12の両日、須賀川アリーナで行われ、14歳以下男子シングルスの部で岡部佑音君(須賀川二中)が優勝した。
 県卓球協会県南支部の主催、須賀川市、県中学校体育連盟岩瀬支部卓球専門部の後援。
 14歳以下男子ダブルス79組、同女子59組、年齢別男女シングルス計567人が出場した。
 上位入賞者は9月7日に同会場で行われる県大会に出場する。
 須賀川・岩瀬勢の上位入賞者は次の通り。
◇男子▽14歳以下ダブルス②岡部佑音・安部勇之介(須二中・須一中)⑤小林由侑・安齋朴音(須二中)⑧山崎翔・渡辺竜(須三中)▽13歳以下シングルス⑩五十嵐葵(仁井田中)▽14歳以下シングルス①岡部佑音(須二中)②安部勇之介(須一中)⑦安齋朴音(須二中)⑪渡辺竜(須三中)⑭小林由侑(須二中)
◇女子▽14歳以下ダブルス②遠藤加澄・鈴木花恵良(須三中)⑤橋本野乃佳・石井さやか(須二中)⑧小針惟捺・根本千尋(鏡石中)▽13歳以下シングルス⑬小林花奈美(須賀川スポ少)▽14歳以下シングルス②橋本野乃佳(須二中)③鈴木花恵良(須三中)④遠藤加澄(同)⑨岩崎由佳子(稲田中)⑮鈴木理紗(須二中)